お取り寄せグルメが人気になった理由

お取り寄せグルメに関する情報サイト

通販と店舗で買い物するメリットとデメリットはこれ

通信販売の始まりは、明治4年の後半です。
郵便の制度が始まり、農業雑誌で通信販売を行ったのがきっかけです。
通信販売で最初に販売された商品は、トウモロコシの種でした。
農業雑誌での通信販売がきっかけで、種を販売している業者が遠方の人々に種を売る方法として通信販売が主流になりました。
種を販売している一部の業者は、海外から取り寄せた種を予約制で様々な人々に販売していました。
ほとんどの通信販売は、現金で前払いをしないと購入できなかったため、現金を受け取ってから、実際の商品とは異なる物を送ったり、状態の良くない商品を送ったりする悪徳な業者もいました。
トウモロコシの種の広告は、アメリカ産に比べて日本のトウモロコシの方が甘いためトウモロコシの種1袋を印紙代10銭を送ってくれたら販売するといったような内容でした。
ちなみに農業雑誌は40年以上続いた歴史ある雑誌です。
明治15年になる頃には、金属店で有名な天賞堂が時計などの通信販売を貴金属の分野で初めてスタートさせました。
時代が進み、明治32年には、三越や高島屋などの百貨店が通信販売を行うようになり、現在に至るまで様々な種類の通信販売が登場しました。
このサイトでは、店舗とお取り寄せで購入した際のメリットやデメリットやおすすめのお取り寄せグルメやスイーツなどについてお話したいと思います。
初歩的な内容からマニアックな内容まで書かれていますので知っている方も知らない方も読んでみてくださいね。

TOPへ戻る